【Spotify VS Apple Music】おすすめ音楽配信サービス

ぱそくま雑記

こんにちは!ぱそくまです。

みなさん、音楽配信サービス使ってますか?

私は昔から音楽が好きで、仕事中や家事中など一日中流しています。

CDショップに行ってジャケットを見ながら選んだり、発売日前日に予約したCDを受け取りに行っていた時間も大好きなのですが、引きこもってても新曲が聴ける便利な配信サービスも大好きです。

ぱそくま
ぱそくま

ぶっちゃけ打ち合わせ中以外はずっと音楽かかってる

数年前からSpotifyを使っていたのですが、AirPods Proの購入をきっかけにApple Musicを使ってみました。

この記事では、SpotifyとApple Musicを使ってみた感想について解説していきますので、最後まで読んでもらえると嬉しいです!

ぱそくま
ぱそくま

私はSpotifyの方が圧倒的に好きでした!!!

音楽配信サービスとは?

SpotifyやApple Musicなどの音楽配信サービスは、定額で音楽やポッドキャストが聴き放題になるサービスです。

ストリーミングという技術を使っており、曲を再生する度にダウンロードします。

そのかわり、再生しているパソコンやスマートフォンに音楽を保存しないので、保存容量を圧迫することがありません。

配信サービスなので、新曲や気になる曲をすぐに聴けるのが大きなメリットです。

ぱそくま
ぱそくま

聴きたい!と思ってすぐに聴けるのがいいんですよねぇ

スポンサーリンク

SpotifyとApple Musicの違い

SpotifyとApple Musicの違いはこんな感じです。

SpotifyApple Music
基本プラン¥980/月¥1,080/月
無料プラン
※制約あり
×
無料トライアル1〜3ヶ月1〜6ヶ月
デバイス間操作×
ロスレス音源×
SpotifyとApple Musicの違い

基本的にできることは変わりませんが、金額が安く、デバイス間共有ができるのがSpotifyApple製品をよく買う人はApple Musicという棲み分けになりそうですね。

今回は価格帯とデバイス間共有に重点を置いて解説していきたいと思います!

デバイス間操作 – Spotify Connect

Apple Musicに乗り換えてみて一番最初に衝撃だったのが、デバイス間の操作ができないということでした。

我が家にはAmazon Echoというスマートスピーカーを置いており、「Alexa、音楽かけて」というとSpotifyの音楽をかけるように設定していました。

EchoスピーカーでSpotifyの音楽を流している場合は、再生・停止・曲変更などをスマートフォンやPCなどの他のデバイスで操作することができます。

簡単にいうとスマートフォンやPCをリモコンのように使うことができる、ということです。

なんでもいいから再生して欲しい時や、再生・停止くらいなら音声での操作でも問題ないのですが、聴きたい曲やプレイリストがピンポイントである場合は、自分で操作した方が早いことが多いです。

ぱそくま
ぱそくま

「あの曲かけて!」って言っても「ちがああぁぁう!!😠😠😠」となることがしばしば。🤣

Alexaがなかったとしても、音楽はスマートフォンから流してるけどパソコンを使って仕事している時や、音楽流す用のタブレットがある時にも使えます。

音楽を変えるためだけにわざわざデバイスを持ち替えなくて良い、というだけでかなり便利だと思います。

このデバイス間操作ができるのが当たり前だと思っていたのですが、Apple Musicではできませんでした・・・。

Apple Musicは音楽を流しているデバイスと操作できる端末は一緒でないといけないので、スマートフォンで聴いている時はスマートフォンで操作、パソコンで聴いている時はパソコンで、Alexaで流している時はAlexaでしか操作することができません。

ぱそくま
ぱそくま

不便すぎてApple Musicのトライアルを1日目で辞めたくなりました。

価格の比較

トライアルが終わった後も継続することを考えて、価格帯を比較してみます。

結論からいうと、Spotifyの方が安いです。

SpotifyApple Music
基本プラン¥980/月¥1,080/月
無料プラン
※制約あり
×
年額プラン¥9,800/年¥10,800/年
学生プラン¥480/月¥480/月
SpotifyとApple Musicの価格帯

※厳密にいうと他にもプランがあるのですが、個人で使うプランをもとに比較していきます。

基本プラン、年額プラン、学生プラン全てSpotifyの方が安いという結果になっています。

「Apple Musicでしか聴けない曲やPodcastを聴きたい!」「ロスレス音源(高音質)や空間オーディオで聴きたい!」という方以外は、Spotifyで充分だと思います。

Spotifyは無料プランもあるので、「音楽配信サービスを使ってみたい!」という方はここから使ってみるといいと思います。

ただし、無料プランには以下のような制約があります。

  • 広告が入る
  • シャッフル再生しかできない
  • スキップ回数に制限あり
  • ダウンロードができない
ぱそくま
ぱそくま

まずは使ってみて、「広告なしがいいな〜!」と思ったら有料プランに切り替え!で良いと思います!

無料トライアル

有料プラン契約するぞ!という気持ちになったとしても、1円でも安く使いたいと思うのが人間の性です。

SpotifyでもApple Musicでも無料トライアル期間はあります。

期間は両方とも基本は1ヶ月間ですが、Spotifyに関しては期間限定で3ヶ月間に伸びている場合もあります。

ぱそくま
ぱそくま

タイミング見て、3ヶ月の時にトライアルで試してみる、でもいいかもしれません〜!

Apple Musicに関しては、AppleまたはApple正規取扱店から購入した場合初回に限り6ヶ月間の無料トライアルに加入することができます。

Apple Musicの6ヶ月トライアルに加入できるデバイスはこちら👇

  • AirPods Pro
  • AirPods
  • AirPods Max
  • Beats(一部デバイス)
  • HomePod
  • iPhone

詳しく知りたいという方はAppleのホームページも見てみてくださいね!

6か月無料特典を利用できるデバイス

さいごに

今回は、SpotifyとApple Musicの比較について解説してみました。

個人的には音質よりも使い勝手が良い方が好きなので、Spotifyに軍配が上がる結果となりました。

Apple Musicも決して悪いサービスではないので、ロスレス・ハイレゾなどの高音質で聴きたい場合や、好きなPodcastや曲がある場合はぜひ使ってみてくださいね。

素敵な音楽を聴きながら、どうせなら機嫌よくお仕事していきたいですね☺️

もしわからないところがあれば、是非気軽にコメントしてください!

以上、ぱそくま🐻‍❄️でした!ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました